部活で忙しい私でも、たった2ヶ月間で中学3年間の総復習ができました!

中1の頃から引きずっていた「わからない」が解消されて、受験準備が整った!


実際に明光義塾の授業を受けて、学力が伸びた生徒さんたちの様子を動画でご確認ください!



MEIKO式コーチングリアルボイス_中3・高1編

なぜ、明光義塾の夏期講習を受けると第1志望に合格できるのか?


毎年多くの生徒さんたちが、明光義塾の夏期講習を受講して第1志望に合格しています。
明光義塾の夏期講習は、他の学習塾の夏期講習と何が違うのでしょうか?


f:id:aibolic:20190422232727j:plain

理由は部活に合わせて授業日程を自由にスケジューリングできるからだった!


明光義塾は7、8月の2ヶ月間がまるまる夏期講習期間!!
なぜなら、夏期講習を夏休みの期間のみに固定してしまうと、夏休みに部活動がある生徒さんは復習しきれないから。
特に夏に大きな大会のある運動部は、中学最後の夏ということもあって1日中練習したりしますよね?
部によっては通学中よりも夏休みの方がハードな練習になることも。
そうなると、
「せっかく最後の夏休みなのに練習ばっかりで、中学の復習をしきれずに終わっちゃった……」
ということが起こりえますし、現にみなさん、そうおっしゃって秋口に駆け込んでいらっしゃいます。
そうならないために、明光義塾では学校のあるうちから夏期講習を開始。
だから部活と平行して通うことが可能なんです。
夏休み中も、部活の空き時間に授業を当てはめていけるので、効率よく部活の練習と受験勉強を行うことができます。

「夏を制する者は受験を制する」!!夏の間に中学3年間の復習を終わらせるべし


もともと受験とはピストルの鳴らないマラソン。
早く始めた人間が当然のように勝つ試合ですよ 。
そんなサイレントマラソンで、“ただ一度だけ”ピストルを鳴らしてくれるのが中3の夏休み。
ピストルの音を聞いて走り出せれば、まだギリギリ間に合います。
逆に、部活を引退した秋口以降からがんばろう……という心構えだと、意外とボリューミーな中学3年間の学習内容を復習しきれず受験に突入することに。
泣く泣く志望校をワンランク下げる結果になるかもしれません。

夏の間に中学3年間の総復習をして受験に向けた基礎固めをし、秋~冬は実践問題形式で総仕上げをしていくことがなによりも大切です。

明光義塾の夏期講習は2ヶ月間だから、無理なく通えて総復習を完成できる!


「受験に勝つ!」には夏期講習が重要であることを知っている明光義塾では、7、8月の2ヶ月間をまるごと夏期講習期間としています。
この2ヶ月間を部活に合わせて自由にスケジューリングすることで、全力部活×全力受験というよくばりなライフスタイルが可能。
部活でかいた汗を冷房の効いた教室でクールダウンさせて、日本屈指の難度を誇る神奈川県の受験問題に一緒に挑みましょう。

人間の成長曲線が合格のカギだった!


大前提としてご承知おきいただきたいのが、受験勉強と定期テスト対策は全くの別物ということ。
テスト勉強をしっかりしてきた=受験対策ができている、という方程式は残念ながら成り立ちません。
定期テスト問題は範囲も狭く、学校の授業の復習といった意味合いが大きいため、基本的には点数を取りやすい作りになっています。
一方、入試問題は受験者をふるいにかける(=高校側が求めるレベルに達していない人間を落とす)ことが目的ですから、簡単な問題はありません。
ですから、定期テストで点数を取れる=受験でも点数を取れる、というわけではないんです。

なぜ遅くとも夏のうちから受験勉強を始めることが大事なのか


f:id:aibolic:20190422233406p:plain
ロジスティック曲線(人間の成長曲線)


まずはこの曲線をご覧ください。
これはベルギーの数学教授ピエール=フランソワ・フェルフルストによって発案された「ロジスティック曲線」です。


f:id:aibolic:20190422233655j:plain
ピエール=フランソワ・フェルフルスト

ピエール=フランソワ・フェルフルスト
1804年10月28日に、当時フランス第一帝政下にあったブリュッセルで生まれる。1834年から軍学校で微積分学の教師に任命される。1825年にゲント大学で整数論の研究で博士号を取得した。1835年にブリュッセル自由大学で数学教授に就く。

フェルフルストの研究としては、人口論におけるロジスティック方程式、ロジスティック曲線が最も知られている。1838年に、人口予測に関する論文を発表した。この論文の中で、現在ではロジスティック方程式と呼ばれる人口増減の予測式を提案した。この人口予測式は、フェルフルストの存命中に反響を得ることはなかった。後の1920年、アメリカのレイモンド・パールとローウェル・J・リードの研究によって、ロジスティック方程式が再発見されることになる。


もともとは人口増加の予測をするためのモデルでしたが、これが人間の成長段階にも適用されることが明らかになりました。
人間の成長はこの曲線をたどるので、受験勉強を始めたうちは当然のごとく結果は出ません。
受験勉強の効果が現れるのは、平均して半年後と言われています。
半年間、結果が出なくともめげずに勉強を続けた者のみが、受験前の冬にブレイクスルーポイントにたどり着けるのです。
受験間近の冬に急激に勉強ができるようになった子は、もれなく半年以上前、つまり中3の夏には受験勉強を開始しています。


逆に、秋口から勉強を始めた場合、ブレイクスルーポイントに達せるかどうかはハッキリ言って運。
たどり着ける子はたどり着けるし、たどり着けない子はたどり着けないまま入試に突入します。
我が子にそんなギャンブルをさせたくはないですよね?
だから、少なくとも夏には受験勉強をスタートする必要があるんです。

毎年何万人もの生徒さんが明光義塾の夏期講習で第1志望に合格しています!喜びの声を一部だけご紹介!!

f:id:aibolic:20190423001022p:plain

f:id:aibolic:20190423001040p:plain


まずは明光義塾の夏期講習を受講してください。
2ヶ月後、200時間近く勉強しきったという確かな学習量と自信で、生徒さんは大きく成長しています。


まずは教室長の吉田とカウンセリングをして、スケジュールを組みましょう。
www.meikogijuku.jp

あなたがやることは、部活に合わせてスケジュールを組むだけ。それで中学3年間の総復習がひと夏で完了します。


明光義塾の夏期講習を受講すると、中学3年間の総復習を5科目全てで行うことができます。
すると、夏休み明けの前期期末テストでも高得点を取ることが可能に。

前期期末テストで高得点を取れると、内申点が上がりますよね?
内申点が上がれば、より余裕を持って志望校を受験することも、さらにワンランク上の高校を目指すこともできます。
今までよりももっと明るい未来があなたを待っていますよ。

そのためにあなたがやるのは、部活に合わせて講習スケジュールを組むことだけ。
あとは先生と二人三脚でがんばっていきましょう。

今年の受験生を全員第1志望に合格させることができた、読売ランド教室だからできるこのご提案。

カウンセリングにお申し込みいただいた方限定で、
「“どうしても”この高校に行きたい!」
という気持ちが高まる2つのアイテム

  • 昨年合格者の内申点と学力点がわかる資料
  • 各高校に通う生徒の声を集めた資料

をプレゼントします。


まとめ


明光義塾では7,8月の2ヶ月間がまるごと夏期講習期間なので、ハードな部活の練習が入っていてもスケジューリングしやすいです。
ただし、人気の時間帯の場合、お座席が埋まってしまう可能性があるため、お申し込みはお早めに。
受験生の皆さんには、ぜひとも第1志望に合格してほしいと思っておりますので、この夏に受験勉強をスタートしましょう。
受験勉強は部活を引退してから・・・なんて悠長なことを考えていたら、対策が間に合わず最終的に志望校を下げることになってしまいますよ?
生徒さんの未来を変えるために、ぜひとも明光義塾の夏期講習をお申し込みください。


まずはこちらのフォームから、どうぞカウンセリングのお申し込みを。
www.meikogijuku.jp

スポンサーリンク