「少年革命家」ゆたぼん騒動に思うこと

みなさんは「少年革命家」ゆたぼんをご存じですか?

ここ数日、ネットを沸かせている10歳の不登校YouTuberです。

新聞に取り上げられたことをきっかけに、彼の

「学校に行きたくない子は行かなくてもいい」

というメッセージが多くの注目を集めました。

そしてネットの“良識ある”大人たちが激怒し大炎上。

現在もブログやYouTubeを通じて、ゆたぼんの生き方についてさまざまな意見が飛び交っています。

 

今回、このブログでは、

  • ゆたぼんの意見
  • それを批判する大人たちの意見

に触れた上で、学習塾運営を通じていろんな小学生・保護者を見てきたわたし自身の意見をお伝えできればなと考えています。

 

ゆたぼんの意見


【新聞載った!】ゴールデンウィーク終わっても学校行くな

複数の動画から読み取れる、彼の意見は次の通りです。

  • 宿題を強制されるのが嫌になった
  • 先生に言われて宿題をする周りの友達がロボットに見えた
  • 学校には行きたいときに行く
  • 学校に行きたくない人は、行かなくていい
  • 子どもは学校に行く権利はあるが義務はない
  • 学校に行くことが嫌で自殺するのはダメ
  • 子どもでも活躍できる世の中を作りたい

 

どうやら彼は、学校の先生に宿題を強制されたことがきっかけで、学校に行くこと自体が嫌になったようです。

保護者・先生・本人の三者面談の場では「宿題をしなくていい」という結論になったのですが、いざ登校すると、宿題をしなければならない流れを作られ「約束が違う」と憤慨。

以後、学校には行きたいときに行く、というスタンスを取っているとのこと。

 

彼が一貫して言っているのは、

「学校が嫌で仕方ないなら、周りからなんと言われようとも行く必要はない。」

ということ。

 

では、ゆたぼんの動画を見た大人たちのコメントをご紹介しましょう。

 

 

動画を見た大人たちの意見

  • 子どもには学校に行く義務はないが、親には学校に通わせる義務がある
  • 宿題が理由で不登校になるのは甘え
  • 小学教育を受けないのは人生にとって大きなマイナス
  • 今がよければそれでいい、のか?

 

などなど辛辣な意見が続きます。

ゆたぼんを擁護するコメントはほぼありません。

彼が不登校になった理由が「宿題をやるのが嫌になった」からであると受け取った人が多く、それが刹那的な生き方に映ったようですね。

小学校に行かない人生はありえない、という前提のもと意見をぶつける人が大半なのもポイントでしょうか。

 

では、両者の意見が出揃ったところでわたしの意見を述べていきましょう。

 

 

f:id:aibolic:20190511215358j:plain

 

ゆたぼんが不登校になったのは教師側の契約不履行が原因では?

ゆたぼんは、先生に宿題を強制されたことで学校に行くのが嫌になったわけですが、この時点ではまだ不登校になると決めてはいません。

不登校の決定打となったのは、三者面談で「宿題はやらなくていい」という約束になったのに、その約束が守られなかったことです。

彼はそれに憤慨して不登校を決意しました。

最終的な結論が不登校になるかどうかは人それぞれですが、約束を反故にされるのは誰だって嫌ですよね。

 

この、いわば契約不履行がゆたぽんの不登校を生み出したとも考えられます。

では、先生はどのように対応すべきだったのでしょうか。

答えは明確です。

「宿題はやらなければいけない」

という価値観を三者面談で提示し続けるべきでした。

面談が終わったあとも宿題をするように圧をかけていたことから、先生は「宿題はやるべきもの」と思っていたことがうかがえます。

だとしたら、なおのこと三者面談で自身の意見を曲げるべきではありませんでした。

意見を曲げなければ、話が決裂したとしても、先生は「宿題をさせる」ことにおいて一貫性が保たれますよね。

一貫性のない行動が不信感を呼ぶのは当たり前のこと。

まあ、ゆたぼんからしたら、学校に行けばもれなく宿題させられることになりますから、遅かれ早かれ不登校になっていたかもしれませんが、少なくとも「話が違う」という「ゆたぼん 怒りの不登校」は発生しなかったのではないでしょうか。

 

続いて、物議を醸した例の発言について、わたし自身の見解をお伝えします。

 

 

物議を醸した「ロボット」発言。でもロボットって悪いことじゃないよ

「周りの大人たちの言うとおりに宿題をする同級生がロボットに見えた」

という発言で、周りの大人たちどころか、日本中の大人たちを敵に回したゆたぼんに知ってほしいことがひとつあります。

言われたことに従った同級生たちも、きっと本心では「勉強なんてやりたくない」と思っているんです。

じゃあなんでロボットのようにやるのかというと、「やりたくない」心の中のすみっこで「やった方がメリットがある」ことを納得しているから。

人は、納得して初めて行動に移します。

彼らはゆたぼんよりも勉強に対してちょっとばかり早く納得していただけ。

まだ納得していないゆたぼんからすると、ロボットのように見えたのかもしれませんが、これはタイミングの問題ですよね。

メリットを享受するために机に向かうことがロボット化であるなら、ロボット化も悪いことではありません。

むしろ各々の欲望のために突き進む姿は、よほど人間らしいともいえます。

 

ちなみに、何をメリットと感じるかは人それぞれですが、

  • 勉強をすれば親や先生に怒られずに済む
  • テストで良い点を取ると何かご褒美がもらえる
  • テストで良い点を取れるのが嬉しい
  • わからないことがわかるようになるのが楽しい
  • 勉強をがんばることが将来につながることを知っている

 

ざっとこんな感じでしょうか。

「怒られたくないから」という理由だって、勉強をする大きな理由のひとつになります。

誰だって怒られたくないじゃないですか。

勉強をやって怒られる人はいませんから。

「そんなに勉強ばっかしてないで、たまには遊んできなさい!!」

って怒られるケースってあまり聞いたことないでしょ?

 

ゆたぼんからしたら、同級生は先生の言うことに黙って従うロボットに見えたのかもしれませんが、彼らだって無意味に従ったりはしません。

こどものほうが自分の欲望に対して正直。

従ったということは、多かれ少なかれ、自分にとって何らかのメリットがあると感じていたということ。

ゆたぼんには「勉強すればなんらかのメリットがある」という前提が抜けていたようなので、その前提を彼に与えられる大人が周りにいたら良かったですね。

自分一人ではなかなか気づけない子どももいるので。

 

 

今の小学校には行かなくてもいい

極論をいえば、今在籍している小学校には別に行かなくてもいいんです。

バッシングした大人たちも「いじめられているなら不登校になっても仕方ないけど」と前置きしているわけじゃないですか。

これって裏を返すと、条件付きなら不登校を認めているわけで。

 

「小学校に行かないと社会性が身につかないまま大人になってしまう」

という意見もありますが、そもそも小学校および学校教育って、視野狭窄の代名詞として語られることの方が多いじゃないですか。

学校で起きたいじめを苦に自殺、という話なんかも情報番組では

「学校の外にも世界は広がっているのに」

と語られますよね。

学校というのはいわば未熟者どうしの集いなんです。

その未熟者たちを監督する教師も、大学を卒業して社会人経験ゼロの状態でこの仕事に就くことが多く、これまた未熟者だったりします。

そんな環境で学ぶ「社会性」とやらに、黄金の価値はあるのでしょうか。

だから、

「学校に行かないと社会性が身につかない!」

という論は成り立ちません。

 

これと同様に、

「小学校に行かないと読み書きができない大人になる」

という意見も成り立ちません。

学校という空間を学びの場として神聖視しすぎている印象を受けますが、勉強ってどこでもできますよね。

それこそ学校に通わせなくとも、誰か監督者を用意して勉強の時間を確保できれば、学校で教科書を進めるよりも数倍のペースで勉強することは可能。

というか、そのほうが遥かに効率がいいです。

不登校なら日中は時間も山ほどあることでしょうから、勉強時間の確保という点では問題ないでしょう。

 

 というわけで、わたしがゆたぼんに提案するプランは次のとおりです。 

 

f:id:aibolic:20190512010444j:plain

 

新たなコミュニティに所属し、勉強を続けよう

先ほども申し上げましたが、今在籍している小学校には行かなくてもいいです。

しかし、不登校のままずっと家で過ごすというのはあまりにも大きな人生の損失。

それこそ「社会性」その他もろもろ、人間社会で生き抜く「体力」とでも呼ぶべきものが育まれません。

ですので、なんらかのコミュニティには属した方が絶対にいい。

学びの機会損失だけは何としてでも避けなければいけません。

10代という貴重な時間は二度と手に入らないのだから。

そこで、10歳の子が所属しやすいコミュニティをいくつか考えました。

  • 同世代の子とのグループワークがある習い事
  • 学童保育
  • フリースクール
  • 学習塾(同世代の子との交流を考えると、個別よりも集団塾が望ましい)
  • 別の小学校に入りなおす

どうせなら自分が住んでいる地域に存在するコミュニティだけでなく、うんと遠くにあるコミュニティにも所属してみることをおすすめします。

そこには、今の自分の価値観を変えうる存在がいるかもしれません。

暇を生かしていろんな人と会うといいでしょう。

 

学習塾に行けば同世代の子とも知り合えるし、勉強もできるしで一石二鳥ですね。

いえ、わたしが学習塾の教室長だからオススメしているわけではないですよ。

自分自身、あえて家から遠く離れた、偏差値の高い中学校の近くにある学習塾に通っていた経験があるんです。

そこには自分が通う中学校にはいないレベルの秀才がゴロゴロいたので、非常に大きな刺激となりました。

場所を変えれば出会いが変わる好例といえます。

ただ、ゆたぼんが嫌がる宿題は必ず出るでしょうから、そこを乗り越えられるかどうかが課題ですね。 

 

仮に不登校になったとしても、勉強することはやめないでほしいです。

そもそも宿題すらやりたがらない人が勉強をするのか?という疑問はあるのですが、人から言われてやる勉強と、自分でやる勉強はまたちょっと違いますからね。

まずは自分の興味のある範囲のことから、ひとつずつ勉強していけばいいんじゃないでしょうか。

不登校=勉強しなくていい、という発想は大きな間違いですよ。

現代では新たな職業がどんどん生まれてきていて、今の子どもたちの将来はかなり面白いことになると思うのですが、そういった面白そうな職業にリーチするにはある程度の学力が求められます。

新しいものを生み出す力は、常に<過去を知ること=勉強>によって培われますので。

同時に単純作業は機械化されていきますから、今まで以上に「学び続ける者がすべてを手に入れる」時代が来ます。

 

ですので、わたしはゆたぼんに

  • 新しいコミュニティに必ず所属し、いろんな出会いを経験すること
  • 勉強する場所が変わっただけで、勉強自体をやめないこと

のふたつをお願いしたいところです。

日中の学校に行っていない時間は自宅学習をし、夕方以降には習い事などのコミュニティに参加する、というルーティーンはいかがでしょうか。

 

 

なんだか小学校に行かずに暮らすのって、逆にめんどくさいなと感じたのなら、いっそ転校して再び別の小学校に通い始めるのも一つの手。

ただし宿題は出ますよ。

あぁ、なんだかゆたぼんの宿題に対する価値観を変えた方が早い気がしてきました。

なんで宿題をやった方がいいのかは・・・別の記事で書きましょうか。

ゆたぼんの価値観を変えるには、まず保護者の価値観を変えていかないといけませんね。

険しい道のりだ。

 

 

ゆたぼん本人を責めるのはお門違い 

ここまでお読みいただいた方はすでにお気づきかと思いますが、わたしはゆたぼん本人を責めたりはしません。

彼はまだ10歳ですから、間違えることだってありますよ。

一度ドロップアウトした人間が、気軽に復帰できる社会の方が健全だと思うので、彼を責めて復帰不可能な状態に追いやることはしたくありません。

「自殺はあかん!」と訴えかける子どもが、バッシングに耐え切れずに自殺するなんて皮肉はいりませんから。

 

問題はゆたぼん自身ではなく、彼を取り巻く環境にあると考える方が筋なのではないでしょうか。

ゆたぼんの動画をアップロードして小銭を稼いでいる人物がいますよね。

そう、保護者です。

そもそも三者面談で保護者が「宿題はやらなくてもいい」という立場だったから、話がこじれたのでしょう。

10歳のスポンジのような吸収力の高い脳みそに、毎日、保護者の誤った価値観を吹き込まれれば、誰しもが道を間違えます。

特に小さい子どもにとって親は絶対的な存在ですから、親が言うことに間違いはないと錯覚したとしても不思議ではありません。

 

 

また、扶養される身というのはとても弱い生き物。

10歳の子どもにとって親に嫌われることは「死」を意味します。

生きるために、自分の意に反して不登校の道を歩まされた可能性も無視できないですよね。

ただの10歳よりも不登校の10歳の方がYouTube上では商品価値が上がりますから、話題作りの一環として「不登校YouTuber」に仕立て上げられたのではないでしょうか。

「学校に行きたくない子は行かなくてもいい」

という問いかけも、ゆたぽんの肉声を使っただけで、本当は保護者の意見なのではないかと推測しております。

保護者の方は自分の子どもをダシにあぶく銭を稼ぐのをやめていただき、不登校YouTuberを普通の男の子に戻してあげてください。

 

 

明光義塾読売ランド教室では、これからもためになる情報をどんどんお伝えしていきます!

また、日曜以外は連日、“一人ひとりに寄り添った”個別指導を実践中!

興味を持っていただけた方はこちらからエントリーしてくださいね!

https://www.meikogijuku.jp/kengaku/S0110/entry

 

 

スポンサーリンク